介護ってむつかしい

足が悪く押し車で歩く状態の父親が、要介護1をもらい、リハビリや入浴目的に去年8月からデイケアに行き始めました。

 

行き始めすぐ風呂介助は言いませんが、トイレの時に「職員がトイレに入って 来るんよ」と少し笑い気味に言うんです。

 

「もたもたするから手伝ってもらったいいんよ」と言いう私。

 

職場で当たり前のようにトイレに入って介助していますが、利用者さん始めは面食らったでしょうね。 

 

つい毎日の仕事の中で気付かなかったなと今更ながら! 

 

女性はいくつになってもトイレに座ると、シャツを下におろして隠そうとされる方がいらっしゃいます。

 

ほんと皆さんゴメンなさい!!

 

親の目を通し聞く話、助言も出来るが反省することばかりも多く。

 

10年経っても介護はこれで良しというのが無く、私は常に、上司・同僚・後輩に教わること多く

 

反省しながら前向きに日々進んで行ってます。

 

これからもよろしくお願いします。

 

     グループホームいくし   渡辺洋子

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    社長 (水曜日, 22 1月 2020 13:55)

    チョットした事への返礼と言って、手編みのセ-タ-を頂いて有難う。
    暖冬とはいえ、外出には冷気が身にこたえる年になりました。
    おかげで重宝しています。

    あなたのお父さんは写真を見る限り若く見えますねえ。
    私も、自分自身が、手押し車や、介護が必要な年その内くると思いますが、
    さあ~どんな老後が待ってるやら---。    エエツ?もうすでに老後やって--⁇

  • #2

    渡辺洋子 (金曜日, 24 1月 2020 16:42)

    コメントありがとうございます。セーターじゃなくてマフラーです。(^O^)/
    社長は元気そうだからまだまだ10年、20年現役で老後などと言う言葉吹き飛ばして
    やっていって下さい。(^^♪