『 豊作の予感 』

 

 

    

      ホームの門扉を入った右手、B棟玄関前に、1本の渋柿の木があります。

 

   

      見た目は弱々しい小ぶりの木ながら、毎年300個を越える実をつけ、

 

 

      我々を楽しませてくれます。

 

 

    

 

 

 

もちろん、一番の楽しみは、できあがった甘い干し柿を頂くことですが、

 

 

その過程に至るまでが なかなか大変でして…。

 

 

 

 

 

 

 春に剪定をし、夏には実のなる前に花芽を落とします。

 

 

 刺されると痛い毛虫退治も必須です。

 

 

 その後も、小さい実をもぎとったりしながら、

 

 柿の実の数を調整する事で、

 

 

 11月末頃には立派な柿が収穫出来るようになるのです。

 

 

 

   昨年も、お世話して下さった方々のお陰で、

 

   立派な柿の実がみのりました。

 

 

   ワイワイ♪ガヤガヤ♪と、

 

   賑やかに柿を収穫した後、

 

   これまた賑やかにみんなで柿を剥き、

 

   サッと湯通しした柿を軒下に吊るすと、

 

 

 

 

                           なかなかの風物詩。

 

 

 

 

                           「もうすぐ師走やね~」

 

                      と、おきまりの言葉が出てきます

 

 

 

                      新しい年を迎え、綺麗に仕上がった干しを、おやつに食べて頂くと、

 

 

                           「ここ、皮が残っとるがな」

 

                           「これは上手に出来とる」

 

                      と、その時の情景が蘇り、自然と笑みがこぼれます。

 

 

 

             1年を通して、ちっぽけな柿の木がもたらす、でっかい幸せの数々。

 

 

             2018年。

 

             私も、春、夏、秋、冬、その時々に、関わっている方々を思い、

 

 

             今、を求めてる?

 

                何が必要?

 

                私は何をすべきなのか

 

             を考えながら、

 

 

             相手の気持ちにシッカリ向き合えるよう

 

             精一杯努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

             やわら ”木” にも、

 

             柿の ”木” に負けないくらい、

 

             幸せの笑顔の実が沢山みのりますように。

 

 

 

 

 

               

                  グループホームやわらぎ川内

                                 竹﨑かなえ

                                                                      

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    社長 (土曜日, 13 1月 2018)

    なんたって、無農薬やからね~。