小規模多機能型居宅介護とは


ご本人の様態や希望に応じて、「通い」「宿泊」「訪問」といったサービスを組合わせ、「自宅で継続して暮らし続けるために」必要な支援をしていきます。

◆「通い」「宿泊」「訪問」のサービスを1つの事業所で行うため顔なじみになった職員が対応します。  ◆環境の変化に敏感なお年寄り(特に認知症の方など)の不安を和らげることができます。


認知症対応型共同生活介護とは


認知症と診断された方が少人数の家庭的な雰囲気の中で共同生活を送ることにより、認知症の進行を緩和させ、安心して日常生活を送ることができるよう支援する介護サービスです。

 

◆家庭的な雰囲気や顔なじみの人間関係の中で役割が生まれ、落ち着いた生活が送れるようになります。

◆なじみの人間関係・専門の職員のケアによりストレスと認知障害による混乱を軽減します。

◆あたりまえの生活プラス、ちょっとしたイベント等があり生活にメリハリが生まれます。

◆ご家族の介護負担を軽減することにより、お互いに心にゆとりのある関係を維持できます。

◆地域との交流もあり、住み慣れた地域のなかで暮らすことができます。